研修を受ける

担当する利用者さんに医療的ケア(特定行為)を行うには、
担当する介護スタッフが特定行為を行える認定を受けていなければなりません。
このページでは、介護スタッフが「認定特定行為従事者」として
認定されるための研修(喀痰吸引等研修)について説明しています。

研修のお知らせをLINEで受け取れます!
第3号研修(全課程)
まずは、どの研修が
必要なのかを確認しましょう
喀痰吸引等研修
受講タイプ診断
喀痰吸引等研修受講タイプ診断
喀痰吸引等研修受講タイプ診断

研修の流れ

第1号・第2号研修(全課程)

第1号・第2号研修(全課程)
第1号・第2号研修(全課程)

第3号研修(全課程)

登録特定行為事業者
登録特定行為事業者

修了証を受け取ったら、沖縄県への手続きをしましょう

修了証を受け取ったら、
沖縄県から認定証の交付を受けましょう

喀痰吸引等研修を修了し、修了証を受け取っただけでは、利用者に特定行為を行うことはできません。修了証を、都道府県に提出し「認定特定行為業務従事者認定証」の交付を受けましょう。

認定特定行為業務従事者認定証について
(沖縄県公式ホームページ)

特定行為を実施する前に、
沖縄県に事業所の登録(追加・変更)をしましょう

認定を受けた介護職員等が特定行為を行う事業所でも、都道府県に「登録特定行為事業者」の登録を行わなければなりません。
また、すでに登録をした事業所も、特定行為を行う職員を追加したり変更したりする時は、沖縄県へ変更届を提出する必要があります。
当サイト「事業所の登録をしたい」ページも参考にしてください。

登録特定行為事業者について
(沖縄県公式ホームページ)

事業所の登録をしたい

沖縄県内の喀痰吸引等研修の開催情報

沖縄県主催の研修開催情報(外部サイトへ)
県内の各登録研修機関の主催研修